今考えたい遺産相続

遺産相続は誰にでも起こりうる問題であるといえます。できれば問題が起きないようにしたいものですが前もって準備がしにくいものでもあるので何かと困ってしまうことが多く出てきます。特に財産を引き継いだ時にやるべきことなどは煩雑ですからきちんとこなしていくことが難しくなってしまいます。放置しておくことで所有者がわからなくなりあとあと大きな問題になってしまう事もあるものです。
ぜひトラブルなく進めていくために考えておくことやとっていくべきことについて一通りチェックしておきましょう。元気なうちに家族で話し合っておくことも重要なことです。体調を崩してからではもしもの時の話がしづらくなってしまいます。まだまだ元気でなくなることが想像できないうちからの話し合いがトラブル防止には必要です。

意思は遺言に残しておくのがおすすめ

亡くなってから自分の財産をどのように分けてほしいかなどという事を伝えることはできません。そこでやっておきたいことが遺言を残すという事です。
それにより自分の意思を伝えることができますしその後の処分などがスムーズに進んでいくことになります。相続した方にとっても遺言があることで助かることも多いものです。また相続人以外の人に財産を贈りたい場合などにも利用ができます。こうしたものを遺贈と呼びますが、何もしなければすべて相続人に渡ることになりますから特にお世話になった人に送りたいものなどがあれば遺言を残しておきましょう。
相続人が誰になるのかや遺言のルールについてはよくわからないという方も多いことでしょう。ルールが守れていないと無効になってしまうので法律の専門家に相談をして間違いなく作るようにするのがおすすめです。

相続後やるべきことは意外とたくさんある

相続には相続税が発生します。きちんと申告して納めていかないと問題になってしまいます。申告には期限がありますから遺産相続をしたら早めに相談をしておくことをお勧めします。
さらに遺産相続で不動産が含まれている場合には登記をすることが必要です。義務ではありませんが登記がないと権利を守れない可能性がありますし将来的に所有しているのが誰なのかわからなくなってしまいます。売買をするときなどに登記は必要になりますからきちんと登記がされていないと売買できなくなってしまう事もあるのです。こうしたトラブルを防ぐためにもきちんと登記申請をしておきましょう。
相続税についても相続登記についても必要書類や条件などを素人が判断することは難しいです。相続があったらまず専門家に相談して今後の動き方を考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

遺産相続での争いを防いでいくために

法律というと自分にはあまり関係がないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし誰でもかかわる可能性があるものとして相続が挙げられます。人が亡くなるという事にはなかなか準備というものがしづらいもの...

遺産相続の際に発生する税金とその対策

「遺産相続」というと一部の富裕層だけに当てはまることで「お金持ちは大変だね」などと他人ごとのように考えている人が多いかもしれませんが、平成27年に税法が改定され基礎控除が大幅に削減されたことにより、多...

遺産相続をするための手続きの流れ

家族や親族が亡くなれば、まずしなければならないのは死亡届をはじめとする役所への届出、次いで慰霊のための葬儀や法要ですが、それ以降にもさまざまな法律上の手続きが必要になってきます。特に亡くなった人の財産...

関西での遺産相続はその地域で手続きを

人が死亡すると、亡くなった人の所有する不動産や預貯金などの財産は遺産となり、相続人によって引き継がれていくことになります。いわゆる相続手続きの開始となるのですが、殆どの場合が被相続人の住所地にある法務...