関西での遺産相続はその地域で手続きを

人が死亡すると、亡くなった人の所有する不動産や預貯金などの財産は遺産となり、相続人によって引き継がれていくことになります。いわゆる相続手続きの開始となるのですが、殆どの場合が被相続人の住所地にある法務局や金融機関で行われることになります。 例えば、不動産の相続登記手続きは、その不動産がある住所地を管轄する法務局でなければ行うことができませんし、預貯金等の手続きについても、該当する金融機関でなければ行うことができません。そのため、多くのケースで、被相続人の最後の住所地にある法務局や金融機関で行うことになるのです。もしも関西で遺産相続を行う場合には、その地域で手続きをしていくことになります。これは相続人が遠隔地に住んでいても同様です。

相続の手続きは被相続人の最後の住所地で

人が亡くなると相続が発生します。被相続人といわれる、亡くなった人が所有してきた不動産や動産などの財産は全て相続人によって引き継がれていくのです。これが遺産相続です。財産を引き継ぐためには、当該財産の名義を被相続人から相続人に変更する必要があります。わかりやすい例では、不動産の相続登記がこれにあたります。 この相続手続きは不動産の所在地を管轄する法務局や、預貯金の口座がある金融機関で直接行うことが必要となります。そして多くのケースでは、その法務局や金融機関は、被相続人の最後の住所地の地域に存在することになるのです。すなわち、相続人が遠隔地に居住している場合でも必ず被相続人の最後の住所地周辺で相続に関する一切の手続きを行うことが求められると言えます。

関西で相続が発生した場合にはその地域で相続手続きを

もしも、被相続人の最後の住所地が関西地方である場合には、当然相続に関する手続きはその地方で行われることになります。関西といっても大阪府や京都府、兵庫県や奈良県など様々な府県、そして多くの市町村が存在していますが、被相続人の最後の住所地は単位を市町村としていますので、該当する市町村を管轄する法務局や金融機関にて行うことが必要となります。 また、相続手続きに必ず必要となる被相続人の戸籍謄本類も本籍地や住民票がある市町村役場でしか取得することが出来ませんので、これらの取得も自然的に被相続人の最後の住所地がある市町村で行うことが多くなります。このように、関西で遺産相続が発生した場合には、その周辺地域での相続手続きがどうしても必須となっていくのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

遺産相続での争いを防いでいくために

法律というと自分にはあまり関係がないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし誰でもかかわる可能性があるものとして相続が挙げられます。人が亡くなるという事にはなかなか準備というものがしづらいもの...

遺産相続の際に発生する税金とその対策

「遺産相続」というと一部の富裕層だけに当てはまることで「お金持ちは大変だね」などと他人ごとのように考えている人が多いかもしれませんが、平成27年に税法が改定され基礎控除が大幅に削減されたことにより、多...

遺産相続をするための手続きの流れ

家族や親族が亡くなれば、まずしなければならないのは死亡届をはじめとする役所への届出、次いで慰霊のための葬儀や法要ですが、それ以降にもさまざまな法律上の手続きが必要になってきます。特に亡くなった人の財産...

関西での遺産相続はその地域で手続きを

人が死亡すると、亡くなった人の所有する不動産や預貯金などの財産は遺産となり、相続人によって引き継がれていくことになります。いわゆる相続手続きの開始となるのですが、殆どの場合が被相続人の住所地にある法務...