遺産相続での争いを防いでいくために

法律というと自分にはあまり関係がないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし誰でもかかわる可能性があるものとして相続が挙げられます。人が亡くなるという事にはなかなか準備というものがしづらいものです。死が近いと予想される場合にもなかなか話や準備をしづらくなってしまい、結果的に亡くなってから遺産相続について争うことになる場合も多いものです。 そのため、身近な人が元気なうちから相続について話し合っていく必要があります。時間があればゆっくり考えて話し合うことができますし遺言という形でトラブルにならない分け方をしていくこともできるようになります。始まってからではトラブルが大きくなってしまいがちだからこそぜひ生前から準備をしていくようにしたいものです。

遺言書を残しておくとトラブル防止に役立つ

遺産相続で争いが起こった場合には血縁者である身近な人同士で争うということになってしまいます。そのため人間関係に落とす影も深くなり影響も大きくなりがちなので争いにならないように事前の準備が肝心です。 まずは遺言書を残しておくという事に取り組んでみましょう。年配の方はもちろんですが若い方でもいつ何があるかわかりません。もしもの時に備えて遺言書を準備しましょう。できれば公証役場で作成する公正証書遺言を作っておきましょう。費用は掛かりますが亡くなった後に検認が不要になるなどという効果があります。そこまでは難しいという方は自分で作ることができる自筆証書遺言がおすすめです。自筆証書遺言も作り方にはルールがあるので弁護士などの専門家に相談してみるのがおすすめです。

たびたび遺言を作り替える必要もある

遺言書は一度作って安心というわけではありません。相続人となる人の状況が変わったり持っている財産が変わったりということがあると、せっかく遺言書を残していても状況が変わっていて内容にあわなくなり争いが起こってしまう事もあります。 そのため出来るだけ遺言を作り替えるようにしていきましょう。新しいものを作成すればそちらが有効になりますが、発見されないと古い内容のまま実行されてしまうので使わないものは破棄したほうが安心です。誕生日や記念日などを決めて毎年作り変えるというのもよいでしょう。 身近な人同士が争うという形はできるだけ避けたいものです。穏便に亡くなった人の意思を反映した遺産相続ができるように、普段からコミュニケーションをとっていくことを意識していきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

遺産相続での争いを防いでいくために

法律というと自分にはあまり関係がないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし誰でもかかわる可能性があるものとして相続が挙げられます。人が亡くなるという事にはなかなか準備というものがしづらいもの...

遺産相続の際に発生する税金とその対策

「遺産相続」というと一部の富裕層だけに当てはまることで「お金持ちは大変だね」などと他人ごとのように考えている人が多いかもしれませんが、平成27年に税法が改定され基礎控除が大幅に削減されたことにより、多...

遺産相続をするための手続きの流れ

家族や親族が亡くなれば、まずしなければならないのは死亡届をはじめとする役所への届出、次いで慰霊のための葬儀や法要ですが、それ以降にもさまざまな法律上の手続きが必要になってきます。特に亡くなった人の財産...

関西での遺産相続はその地域で手続きを

人が死亡すると、亡くなった人の所有する不動産や預貯金などの財産は遺産となり、相続人によって引き継がれていくことになります。いわゆる相続手続きの開始となるのですが、殆どの場合が被相続人の住所地にある法務...